機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

20144/12

ANA FUK⇔OKA Premium GOZEN 2014-04

此度のフライトは、久し振りの「B737-800スターアライアンス塗装機です。快晴の福岡空港ということもあり機上の景色が楽しみです。

しかし残念ながら、離陸後は南下するにつれ雲は厚くなる一方で、目的地の那覇に至っては到着時大雨でした。

Premium GOZEN(FUK⇒OKA)

NH B737-800 FUKOKA 2014 2

現地でのスケジュールがタイトであったため、ランチは「プレミアム御膳」で済ませます。

NH B737-800 FUKOKA 2014 3 NH B737-800 FUKOKA 2014 4 NH B737-800 FUKOKA 2014 5

筍の炊込み御飯と野菜中心の構成は適量でした。が、相変わらず御飯系はよく冷えていますね。アツアツは期待しませんから、せめて常温位で出して欲しいものです。味噌汁が心・体共に沁みました。

NH B737-800 FUKOKA 2014 6 NH B737-800 FUKOKA 2014 7 NH B737-800 FUKOKA 2014 8

B737型機は現在第4世代まで派生しているベストセラー機です(今回の搭乗機体は第3世代)。

ボーング社の戦略として機種を派生させたのは成功と言えるでしょう。737シリーズの資格を持つ多くのパイロットが新規の資格取得不要で最新鋭機を操縦できることから、派生した新機種の導入はキャリア(運航会社)側のパイロット育成コストを抑える(操縦資格の再取得が不要となる)側面も持ち合わせています。

スタイリッシュなB737-800は個人的に好きな機体です。

Premium GOZEN(OKA⇒FUK)

NH B737-800 OKAFUK 2014 1

復路の機材もB737-800(通常塗装機)でした。

提供された食事は「プレミアム御膳」の朝食となる「鯛雑炊」。前夜の食事(と、お酒)が重かったこともあり、その体にはちょうど良いメニューです。雑炊だけ頂きました。

NH B737-800 OKAFUK 2014 2 NH B737-800 OKAFUK 2014 3

食後は疲れからか?スグに落ち、着陸のショックで目が覚めたフライトとなりました。

当月は残り6レグの搭乗を予定しています(内、2レグは他キャリア)。仕事でかつ僅か1時間程の短距離線とはいえ、最近は移動の疲れが抜けきれない状況です。少々鍛えないと体力が低下していますね。