機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

20148/29

ANA FUK⇔OKA Premium GOZEN 2014-08

此度のFUK⇒OKA路線は、最高の天候・視界と、(沖縄に対する)アプローチ(進入路)で、機上からの景色を堪能することができました。乗り慣れた路線とはいえ、こういったフライトは得した気分になれます。

トップ画像は、オプショナルツアー等でマリンスポーツのアクティビティが充実し、うるま市から定期船で30分程の沖縄南東に位置する人口480人程の「津堅島(つけんじま)」です。

下のサムネイル3枚は、左から「沖永良部島」、民間・米軍併せて滑走路が3本見える「伊江島」、「伊是名島」と小さな「屋那覇島」です。

NH FUKOKA 201408 2 NH FUKOKA 201408 3 NH FUKOKA 201408 4

NH FUKOKA 201408 6

名護市上空から沖縄市・那覇市方面(↑画像)と、津堅島上空から那覇市方面(↓画像)を撮影しました、海が綺麗ですね。この時、積乱雲の下に位置する街にはスコールが降り注いでいます。

NH FUKOKA 201408 5

機内での電子機器の使用について

ANA 201409

来月91日からANAJAL共に「機内での電子機器の使用」について、一部規制が緩和されます。特に離着陸時にも「デジタルカメラ」の使用が可能となるのは、冒頭のような機上からの撮影に制限が無くなるため、ブロガーにとっては嬉しいことですね。

Premium GOZEN(FUK⇒OKA)

NH FUKOKA 201408 7

往路のプレミアム御膳洋風モーニングです。低カロリーでボリュームも(私には)ちょうど良いのですが、イタリアン野菜のコンソメスープは少々味が濃いと感じました。

NH FUKOKA 201408 8 NH FUKOKA 201408 9 NH FUKOKA 201408 10

Premium GOZEN(OAK⇒FUK)

NH OKAFUK 201408 5

NH OKAFUK 201408 6 今回の滞在は、(当然一時的なスコールは発生するものの)兎に角天候に恵まれました。サムネイルの画像は新ターミナル側を撮影しています。今までは「沖止め」で搭乗降機に時間を要していたLCC海外キャリアも、新ターミナルがオープンし快適なアクセスとなったようですね。ちなみにタキシング中のソラシド エア737-81D型)機は、特別塗装機「阿蘇草原再生くまモンGO!」です。

NH OKAFUK 201408 1

復路のプレミアム御膳は、ANAクラウンプラザ沖縄和風メニューでした。ご飯類は相変わらず冷え冷えですが、そこは味噌汁と食後の珈琲で体を温めましたw

NH OKAFUK 201408 2 NH OKAFUK 201408 3 NH OKAFUK 201408 4