機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

SMBC VISA PLATINUM

20136/18

プロパーカードと提携カード (三井住友カード)

クレジットカードにおける発行形態には、大別すると以下のような2種類となります。

  • プロパーカード:発行元が独自で発行する形態
  • 提携カード:発行元が企業・その他の団体と提携し発行する形態

プロパーカードへ一括りとした中には、JCBやAMEXなど国際ブランドを運営する会社そのものが発行するプロパーカードと、その国際ブランドを借り(ライセンス契約し)自社発行するFC(フランチャズ)カードという形態も含まれます。また提携カードにも数種類の提携形態が存在しますが、その提携形態に関わらず全て提携カードと呼びます。

プロパーカード(三井住友VISAプラチナカード)

SMBC PLATINUM

画像は三井住友VISAプラチナカード(いわゆるプロパープラチナカード)会員向けのWEB案内です。「お知らせ」と称して様々なイベント等の案内が行われていますね。自社が発行するプロパーカード最上級会員向けですから当然の充実度です。

提携カード(ヒルトンHオナーズVISAプラチナカード)

HILTON VISA PLATINUM

一方、こちらはヒルトンHオナーズVISAプラチナカード(提携プラチナカード)会員向けの案内です。「お知らせ」欄の違いが一目瞭然ですね。提携カードは提携先の恩恵を享受する反面、発行元(この場合三井住友カード)のサービスに関してはフルに享受できないのが一般的で、そのことを三井住友カードでは独自特典付提携カードと表現しています。

提携カード(ANA VISAプラチナ プレミアムカード)

ANA VISA PLATINUM

こちらもANAと提携したANA VISAプラチナ プレミアムカード会員向け案内です。先のヒルトンHオナーズVISAプラチナカードと同じ案内ですね。三井住友カードに限らず、プロパーカードと提携カードではこのように発行元からのサービス度が大きく異なってきます。

しかしそれはあくまで発行元目線であり、提携カードにはその提携先から手厚いサービスが提供される訳で、一概にどちらのカードが優れているといった結論は出せません。

サービスされる内容を吟味し、自らのライフスタイルに合った方(カード)を選択することが、より良い結果に繋がるものと考えます。