機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

20167/12

グランドハイアット福岡 クラブツイン 2016-07

先日、ちょっとした打合せもありグランドハイアット福岡へ赴き、そのまま滞在してきました。その内容はまた別の機会記事にできるかもしれません。

ここ最近、グランドハイアット福岡での滞在については、その殆どをサブブログの方へ纏めていますが、たまには此方にも掲載したいと思います。

クラブツイン

Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 2

アサインされた先はクロアブフロア5F)のクラブツインクラブフロアというだけで、スタンダードなツインルームです。中洲側の客室ですが、さすがに5Fだと目線は低く景観は望めませんw が、ここの良さといえばグランドクラブラウンジへのアクセスの良さでしょう。

Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 8 Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 6

ダイヤモンドメンバー向けのウェルカムアメニティはここ最近クッキーばかり。以前は数種類存在していたような気がします。

Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 3

現在、各フロア毎に客室改装を行っているグランドハイアット福岡。この5Fフロアは(おそらく)来年着手すると思われます。この内装もあと1年足らずでしょう。

Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 4 Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 5

サニタリースペースについては殆ど変更なく、レインシャワー実装されるのみです。既に改装を終えた他フロアの記事は下記を参照下さい。

グランドクラブラウンジ(カクテルタイム)

Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 9

会食外出する前にグランドクラブラウンジへ立ち寄ります。本日のランバン、個人的に「中当り(大当たりはルイロデ、外れはシャンドン)」と呼んでいますw

Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 10 Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 11

週末滞在だったにもかかわらず、ラウンジ内は比較的空いており、日本人ゲストが大半でした。熊本を中心とした震災のあと、特に外国人観光客の足は戻り切っていないようです。

バーフィズ

Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 12

出掛ける際にバーフィズへ立ち寄り、マネージャースタッフへ挨拶。まだ夕刻ですので利用者も殆どいません。

Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 13 Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 15

会食終了後、バーフィズで飲み直しました。は前回頂いてからお気に入りのモエ・アイスアンペリアルを、白州12年オーナーズカスク20年)を、翌日休みなので心行くまで楽しみました。

Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 16

Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 17 Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 18

此方はターンダウン後の客室翌日ウェザーインフォメーションカードが置かれています。

朝食@なだ万

Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 20

翌朝朝食は、以前に頂いて使用してなかった朝食券を利用し「なだ万」へ。グランドクラブラウンジ横が店舗入口です。

Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 19 Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 21

おそらく多くの方が1Fレストランアロマーズ」のブッフェ選択するのでしょう。なだ万ガラガラでしたw

Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 22

和朝食2,500円(税・サ込)、決して味わいは悪く無いものの、内容が充実しているか?といえばそうでもなく、無料の朝食券がなければ確かに利用しませんね。食後の珈琲なども付いていませんので、その辺りをテコ入れして欲しいものです。

Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 23 Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 25

結局、食後の珈琲を求めて隣接するグランドクラブラウンジへw

Grand Hyatt Fukuoka Club Twin 201607 24

その後はレイトチェックアウト16:00)を利用し、買物やその他諸々を済ませます。わずか1泊とはいえ24時間滞在ですから此度は随分とホテルステイを満喫できました。