機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 40

20139/3

ハイアット リージェンシー福岡 エグゼクティブスイート ツイン 2013-09

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 1

先週末は結婚式の参列で「ハイアットリージェンシー福岡」へ滞在しました。

画像の「ロトンダ・チャペル」で挙式を行います。通常はパブリックなスペースですが、挙式時には参列者の席が一瞬にして並べられ、ステージ上で挙式が執り行われます。

07

この地上43mにも及ぶアトリウムは「マイケル・グレイヴス氏」設計で、20年経過した今でも色褪せないデザインだと思います。

HYATT REGENCY FUKUOKA LOBBY(ホテルロビー)

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 2

フロント・カウンターも設けられているロビーは、奥のロトンダ・チャペルとも繋がっており「新婦入場」時にはこのロビー中央から新婦(と、その父)が祭壇に向かって歩を進めます。

その際にはカウンター業務のスタッフ達や、その場にいる(又は2F・3F通路にいる)他の宿泊客等も参加します。閉ざされた空間のチャペルとは異なり、多くの人達が拍手を持って祝福する(したくなる)光景は、ロトンダ・チャペルの「良さ」といえます。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 3

その新婦が立つ「ロビー中央」から上空を見上げると「幻想的」な空間が広がっています。

REGENCY EXECUTIVE SUITE FRONT DOOR & ENTRANCE(客室:入口)

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 4

今滞在も6Fリージェンシークラブフロア」を利用しました。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 5

客室は「615」、「エグゼクティブスイート81㎡)」となります。「ハイアット リージェンシー福岡」では最も広い客室です。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 6

入室すると、小さな「エントランス」には「クローゼット」と「トイレ」が設けられています。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 7

REGENCY EXECUTIVE SUITE LIVING ROOM(客室:リビングルーム)

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 9

リビングルーム」です、奥には「ベッドルーム」が見えます。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 10

スイートルームとはいえ「カジュアルテイスト」な内装です。

過去数回この客室を利用していますが、休日の息抜きにはちょうど良い「軽さ」ですね、個人的には好みだったりします。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 11

リビングルーム上部の「」は開閉可能で、空気の入替えが可能となっています。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 12

とはいえ、隣はオフィスビルですので、残念ながら景観は楽しめません。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 13

この客室の特徴は、独立した「ダイニングスペース」でしょう。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 14

ルームサービス」等、客室での食事の際には便利な空間ですね。

EQUIPMENT & AMENITY(設備 & ウェルカムアメニティ)

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 15

設備としては定番の「ネスプレッソ」、

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 16

無料の「ウォーターボトル」は4本用意されていました。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 17

ダイニングスペース」には「お茶セット」、

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 18

ミニバー

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 19

冷蔵庫(その他有料ドリンク)」です。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 20

ウェルカムアメニティ」は、ホテルでも販売している「クッキー」でした。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 21

REGENCY EXECUTIVE SUITE BEDROOM(寝室:ベッドルーム)

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 22

寝室には「ダブルサイズ」のベッドが2台並べられています。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 23

設備説明で触れていませんが、リビングルーム(ダイニングス横)とベッドルーム(ワークデスク横)には各1台「加湿空気清浄器」が設置されています。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 24

ワークデスク奥には、

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 25

クローゼット」が並んでいます。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 26

REGENCY EXECUTIVE SUITE BATHROOM(浴室:バスルーム)

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 27

クローゼット向かいのドアから「サニタリースペース」へと続きます。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 28

洗面は「シングルシンク」、「トイレ」も併設されています。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 29

残念ながら「スイートルーム」とはいえ、アメニティは他の客室と同じ物です。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 30

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 31

浴室2坪タイプで、浴槽も大きめとなっています。シャワーの調子がイマイチでした。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 32

REGENCY EXECUTIVE SUITE LIVING & BED ROOM(客室:夜間)

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 33

夜の客室です。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 34

リビング・ベッドルーム共に「間接照明」オンリーのライティング(Lighting)となり、個人的にはちょうど良いのですが、宿泊者(特に年配の方)によっては「暗い」と感じるかもしれませんね。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 35

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 36

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 37

ベッドルームの「」は、エッチングされた「磨り(すり)ガラス」のため、景観は一切望めません(隣はオフィスビルであるための対策だと思われます)。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 38

REGENCY CLUB FLOOR PLAN(6F)

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 39

赤〇」が今回滞在した「エグゼクティブスイート(81㎡)」、向かいの客室は「リージェンシースイート(53㎡)」、「青〇」は「リージェンシークラブ ラウンジ」となっています。

HYATT REGENCY FUKUOKA EXECUTIVE SUITE 201309 40

スフィンクス」を模したそのデザインは、20年経った現在でも博多を代表する建築物の一つですね。