機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

20157/5

湯布院旅籠 香乃蔵 2015-06(Hatago Kounokura)

定期的に訪れている由布院(湯布院)ですが、やはり週末前に思い立って探してもなかなか人気の宿は空いていません。そこで今回はアメックスコンシェルジェに依頼し、捜索予約して貰いました。

宿の名は「旅籠 香乃蔵」、創業から15年程でその間2回宿のを変更し、4年前にリニューアルした比較的新しい宿です。

Check-In

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 2

ロケーション湯布院中心地エリアから離れ(約34㌔程)、最寄りの駅はJR南由布駅となるようです。私は自家用車でのアクセスでしたが、由布院駅前を通過し宿へ到着するまで20分近く掛かりました。先日滞在した「一壺天」が由布院駅を起点に北側、そして今回の「香乃蔵」は南側といった位置関係です。

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 3 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 4 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 5

駐車場が分からずを適当に停め母屋へと向かう途中には、ちょっとしたがありそこには「足湯スペース」が設けてありました。

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 6

母屋へ入るとレセプションです。離れのみで僅か8室の宿ですから十分なものでしょう。レセプション横は壱乃蔵弐乃蔵というダイニングスペース(食事処)が広がっています。

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 7 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 8 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 10

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 9

チェックインの手続きを済ませ、大浴場前の廊下を通り抜けると各離れの客室へと繋がっています。大浴場横にはスパ用の専用ルームも用意されており、アロマエステの施術を受けることも可能です。

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 12 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 13 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 14

Room:Yamahoushi

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 16

アサインされたのは「山ほうし」という名の客室。10帖+8帖+露天風呂という構成で、おそらく他の客室も同様の間取りとなっているようです。リニューアルからまだ4年程で洗面トイレも清潔感が高く、また客室の広さも十分満足のいくものでした。

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 19 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 20 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 21

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 18 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 17 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 27

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 22

此方は奥の間琉球畳貼替直後のようで香りが良く、またコチラはが剥き出しで極端に天井が高くなっています(サムネイル参照)。

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 26 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 23 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 25

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 28

客室付の露天風呂です(実際には雨天対策で半分屋根が掛かっています)。泉質アルカリ性単純温泉源泉掛け流し、佐賀県嬉野温泉ほどではありませんが、とろとろ系お湯でした。宿全体のプランは↓サムネイル3枚目をご覧下さい。

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 29 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 30 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 31

Hotspring

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 37 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 38

ゲスト用の大浴場へ足を運んでみました。↑の画像は大浴場前に設けられている「寛ぎ処」です。

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 34

滞在中、ココに来たのは撮影のため1回だけw 確かに内風呂露天共に広くて快適なのでしょうが、客室(しかも全室)に専用の露天風呂が付いているため、聞けば敢えてコチラに来る(特に男性の)ゲストはやはり少ないようです。逆に女子旅の場合は34名で一緒に入浴するパターンだそうな。

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 33 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 35 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 36

男湯の画像を見せたところ、女湯対称(シンメトリー)な造りになっているようでした。確かに先の画像「宿全体のプラン」を見ると、そのようなになっていますね。

Ichinokura:Dinner

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 39 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 40

食事レセプション横の食事処「壱乃蔵」で頂きます(奥の弐乃蔵は団体用のスペース)。

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 41

画像は全てを掲載しています。品数が少なく見えるのは、先付刺身盛りの皿へ相当な品数が含まれているためです。

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 42 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 43

刺身盛りの手前は関アジ、しかしその皿のに盛られている7月が旬の(湯引き)の方が美味でした。料理における「骨切り」の技術発祥は大分ですしね、地元特産といえるでしょう。

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 44 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 46

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 49

全体的に味付け薄め(というか自然)で、途中女将と会話した際「人口調味料を一切使用しない」というのがこの宿テーマだそうで、納得の素材でした。昔の味ともいえますが、こういったを食すのが今や一番の贅沢となっているような気がします。玉蜀黍(トウモロコシ)の釜飯がまた自然の甘さで美味でした。唯一残念なのは食後に楽しむBarが無い処でしょうかw

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 47 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 48 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 50

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 53

客室へ帰ると既にターンダウンも済んでいて、就寝まで温泉を楽しみました。

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 51 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 52 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 54

Morning & Check-Out

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 56 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 57

翌朝も壱乃蔵で拘りの味付けをされた朝食を頂きました。特に美味しかったのは↓画像の「大葉味噌」、火で軽く炙った味噌ご飯に乗せるだけで(私には珍しく)軽く3杯はいけます。他は何もいりませんねw 食後に出された青汁林檎の割合が高いためほのかに甘く、デザートの位置付けだそうです。兎に角、よりに拘ったダイニングでした。

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 58 hatago-kounokura Yamahoushi 201506 59

hatago-kounokura Yamahoushi 201506 60

チェックアウトまでの時間は、やはり温泉で過ごします。朝日が差し込み、また無駄な音のない空間で心地良く心身ともに癒された滞在となりました。

由布院初滞在の方には中心地(歓楽街)から離れているためあまりお薦めはできませんが、2回目以降で温泉メインの滞在には良い宿だと思います。今回、アメックスコンシェルジェには良い宿を紹介して貰いました。