機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

20162/28

天ヶ瀬温泉 旅館 山荘天水 2016-01-②

本来であれば23日を予定してた山荘天水での滞在も、翌日夕刻辺りから降り出すであろう大雪の予報のため、12日の慌しい滞在となってしまいました。結果としては正しい判断ではあったのですが、折角足を運んだこの快適な宿に1泊は勿体無かったと感じています。

ということでこの滞在記後編では、前編で掲載しきれなかった夕食の様子や貸切風呂ラウンジ、そして翌朝の朝食を掲載したいと思います。

Dinner(夕食)

Sansou Tensui 201601 56 Sansou Tensui 201601 58

我々が滞在した客室の夕食は基本的に部屋食の設定。囲炉裏の間炭火の温かさを感じなかがら夕食を頂きました。その詳細はお品書き、提供された品は各画像をご覧下さい。

Sansou Tensui 201601 59

大分で美味しい食事を楽しむのですから、ここはやはり地元(安心院)スパークリングワイン乾杯でしょう。シャルドネ100%で国内でも非常に珍しい瓶内2次醗酵を経由し、出荷まで2年程を要したシャンパーニュにも負けない味わいです。

Sansou Tensui 201601 57 Sansou Tensui 201601 60

Sansou Tensui 201601 62 Sansou Tensui 201601 63

Sansou Tensui 201601 64

この特選豊後牛と冠地鶏の土鍋焼き美味でした。

Sansou Tensui 201601 65 Sansou Tensui 201601 66

Sansou Tensui 201601 67 Sansou Tensui 201601 68

この夕食で一連の流れを対応してくれたスタッフはまだ20代の若い男性でしたが、サーブにおけるタイミング身のこなし、また各種料理の説明完璧な仕事振りで宿教育自身のモチベーションの高さに感銘すら覚えました。ウチの会社に欲しい人材ですw

Lounge(ラウンジ)

Sansou Tensui 201601 42 Sansou Tensui 201601 44

此方は母屋入口、レセプション横で運営されているラウンジです。ミネラルウオーターなどが設置され、滞在者は自由に頂き、また寛ぐことが可能なスペースとなっています。勿論用途はそれだけでなく、早朝朝食会場日中カフェとして、そして夜間バーラウンジとなりフル稼働しています。

Sansou Tensui 201601 43 Sansou Tensui 201601 45

Sansou Tensui 201601 47

玖珠川に合流する合楽川を見下ろすバーカウンターは、眺めも良く癒されます。ココで頂く珈琲お酒格別といえます。

Sansou Tensui 201601 49 Sansou Tensui 201601 50

客室での夕食を終え伺った夜間のラウンジはこんな感じ。ライトアップされた川沿いの木々が美しい。

Sansou Tensui 201601 51

お酒の品揃えはなかなかのもの。マスター曰く、在庫のため普段は提供していないという山崎18年を出してくれました(感謝)。

Sansou Tensui 201601 52

その山崎18年が舌鼓を打つ横で、マスターお手製のプリンを満足そうに頬張っていましたw

Hotspring(貸切露天風呂)

この山荘天水2泊したかった最大の目的は各種温泉の多さにありました。が、此度は1泊で帰宅したため全てを網羅することができず、利用した貸切露天風呂3ヶ所(かま湯・きり湯・ひのき湯)です。この貸切湯客室付露天風呂の他、滞在者全てが一堂に会する一般客室用の大浴場桜滝を望む展望露天風呂などその湯量もさることながら設(しつら)えられた多くの各種温泉は必体験でしょう。ちなみに大浴場展望露天風呂は他のゲストもいらっしゃるため撮影していません。

Sansou Tensui 201601 28 Sansou Tensui 201601 29

貸切露天風呂1回45分間、事前に予約を行い時間に合わせて林道を歩き向かいます。また到着後食後起床後などを挟んで何度も足を運んだため画像は昼夜混在です。

Sansou Tensui 201601 30 Sansou Tensui 201601 31

貸切湯の入口、ココに用意されている温泉は5種類。

Sansou Tensui 201601 32

到着後に伺ったかま湯。ちなみにこの浴槽は鉄釜ですが、浴槽の底から泡が出るジャグジーとなっています。スタッフ曰くこのかま湯が最もオススメだとか。

Sansou Tensui 201601 34 Sansou Tensui 201601 33

合楽川の潺(せせらぎ)が心地良い。

Sansou Tensui 201601 36

此方は食後に伺ったきり湯ライトアップされた川沿いが幻想的でした。

Sansou Tensui 201601 35 Sansou Tensui 201601 37

Sansou Tensui 201601 39

翌朝伺ったひのき湯は、の香りがより一層森林を引き立てていました。どの貸切湯も満足で、今回利用できなかったかわ湯・やま湯が心残りです。

Sansou Tensui 201601 40 Sansou Tensui 201601 41

Morning & Check-Out(朝食)

Sansou Tensui 201601 70 Sansou Tensui 201601 71

朝食会場は昨晩も利用したラウンジで頂きます。利用ゲストは4組ということから、おそらく露天風呂と囲炉裏が付いた客室ゲストのみがラウンジでの朝食となるようです。サラダドリンク漬物などはブッフェ形式でメイン食事は予めテーブル上へセットされています。

Sansou Tensui 201601 72 Sansou Tensui 201601 73

Sansou Tensui 201601 75

朝食というには品数も豊富で食べ応えアリ。特に釜揚げ豆腐は美味しく頂きました。

Sansou Tensui 201601 77

そして食後カウンターへ移動し、淹れたての珈琲を飲みながら窓のムコウに望む合楽川を眺めます。この後も時間まで客室温泉を楽しみ帰路に就いたのですが、今回はやり残したことが多かったためタイミングを見て再度この宿へ伺いたいと考えています。