機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

20147/28

ANA FUK⇔OKA Premium SABO & GOZEN 2014-07

今回の沖縄滞在は、往復路共に「76PB767-300)」へ搭乗しました。年間十数回渡航するFUK⇔OKA線の主力機材です。

76P

Premium SABO(FUK⇒OKA)

HN FUKOKA 201407 2

プレミアムシートは座席間隔50inch新シートで、アブレストは「2-1-22列:計10席)」です。往路は中央席(1席)を利用しました。FUK⇒OKA線の76P新シートは初めての利用ですね、よって76P機材も新シートへの切替が進んでいると思われます。

HN FUKOKA 201407 3 HN FUKOKA 201407 4 HN FUKOKA 201407 5

折角の新シートも、残念ながらリクライニングフットレストの可動は電動ではありません。

HN FUKOKA 201407 6

提供された機内食は「プレミアム茶房」、ランチ後でしたのでちょうど良い内容でした(焼き菓子は持ち帰り)。

HN FUKOKA 201407 7 HN FUKOKA 201407 8 HN FUKOKA 201407 9

Premium GOZEN(OKA⇒FUK)

HN OKAFUK 201407 2

HN OKAFUK 201407 1 復路も往路同様に「76Pの新シート機材」でした。天候も視界も良かったため、1K窓側席で機上の景色を楽しみました。

上画像の三日月型をした島は国頭郡本部町に属する「水納島(みんなしま)」です。その形が上空から眺めるとクロワッサンに見えることから、「クロワッサンアイランド」とも呼ばれているそうです。

HN OKAFUK 201407 4

復路の機内食は午前便へ搭乗したことから、朝食の「プレミアム御膳」が提供されました。ここ最近はダブルツリー那覇の朝食を摂らないため、プレミアム御膳で朝食を済ませます。

HN OKAFUK 201407 5 HN OKAFUK 201407 6

HN OKAFUK 201407 7

視界を遮る雲も少なかったので「宝島(たからじま)」が久し振りにその姿を現してくれました。何か良いことが起こる前触れかも知れませんね。

HN OKAFUK 201407 8

コチラは「屋久島」です。島の上空に多少雲は掛かっていますが、これほど島全体が見える事は(今まで搭乗した)経験上だと思います。

この後も北上すると同時に様々な景色を堪能でき、満足のフライトとなりました。毎回こういったフライトであれば言うことありませんね。