機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

201612/6

ANA FUK⇒CTS Premium GOZEN 2016-11

久し振りにメインブログでの搭乗記ですが、サブブログとは大差ありませんw 那覇-千歳国内最長路線ほどではないものの、さすがに2時間10分飛行時間を誇る福岡-千歳乗り応えありですね。ちなみに那覇-羽田設定飛行時間は同じ2時間10分です。

普段はせいぜい1時間少々福岡-羽田福岡-那覇線を利用していることから、非常に長く感じられた搭乗となりました。

福岡空港

nh-fukcts-premium-gozen-201611-2

国内線旅客ターミナル再整備事業にて、現在着々と工事が進んでいる福岡空港ですが、この施工期間平成31年(2019年)3月まで予定されています。

福岡空港滑走路1本かつ大型機が離合できない手狭な空港なうえ、空港利用者数羽田成田に次ぐ年間2,000万人と国内3番目規模なのですから、地元の人間からするとようやく着工したという印象です。

まぁ東京オリンピックでのインバウンド意識し、何とかそれまでにはといった処でしょうね。とはいえ、滑走路増える訳でもなく航空機の離合を可能にするスペースを造り、少しでもスムーズな発着陸へ繋げようという意図のよう。

ということで、テイクオフ。雲一つない快晴で視界も良好大分上空旋回し、広島山陰上空から日本海へと抜け北上するルート。↑画像右下は大分別府湾。ザックリとこんな↓ルートです。

nh-fukcts-premium-gozen-201611-10

プレミアム御膳

nh-fukcts-premium-gozen-201611-3

広島上空を過ぎた辺りで機内食サーブが開始され、プレミアム御膳昼食ver.CAVAと共に頂きます。

nh-fukcts-premium-gozen-201611-4

温かいミール松茸御飯でした。が、あまり松茸の風味はなかったりw

nh-fukcts-premium-gozen-201611-5

しかし鶏の西京焼き鯖の南部揚げCAVAを楽しむ。

nh-fukcts-premium-gozen-201611-6

その後はいつものパターンハイボールいわてまり。(いわてまり好きと)リマークされているのか?と思えるほどCAが次から次へいわてまり大量に持って来てくれ、残ったいわてまりホテルでの夜食にと持帰りですw

日本海上空から石川・富山・新潟・山形・秋田と、が利用する普段の搭乗路線では見ることのない機上の風景を楽しむことができました。しかし通過するだけでなく各地滞在したいですね。

nh-fukcts-premium-gozen-201611-7

と、そうこうしている内に千歳へ向けて高度を下げ着陸態勢へと入ります。

新千歳空港

nh-fukcts-premium-gozen-201611-8

↑画像は着陸寸前撮影したもの。白く霞んでいる場所は降雪中です、見るからに寒いw

nh-fukcts-premium-gozen-201611-9

それもそのはず、この日の札幌-2度との報告で、機体ドアが解放された瞬間からその寒さ(空気)が伝わってきました。出発地の福岡20度前後の温かさだったことから、その差18度身体驚いているのが分かります。