機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

Priority Pass

20136/1

Priority Pass (プライオリティ・パス)

JCB ザ・クラスの付帯サービスを利用したPriority Pass (プライオリティ・パス)が届きました。書類返送から発行・到着まで2週間といったところですね。

会員プラン

Priority Pass

プライオリティ・パスには3種類の会員プランが用意されています。

  • スタンダード会員:年会費($99)でラウンジ使用時に都度利用料を払う(ラウンジ利用料1名$27)
  • スタンダード・プラス会員:年会費($249)スタンダードプランにラウンジ利用10回分が含まれる
  • プレステージ会員:年間費($399)プログラムに参加する全てのラウンジを何度でも利用可能

JCB ザ・クラス付帯のプライオリティ・パスは最上位のプレステージ会員(JCB負担)となります。JCB ザ・クラスの年会費52,500円にプレステージ会員($399)が自動付帯している訳ですから、年会費見合いでお得という他ありません。

会員特典

Priority Pass

  • 全世界100ヵ国以上の300都市にある600ヵ所以上のVIPラウンジが利用可能
  • 搭乗クラスや利用する航空会社に関わらず利用を保証
  • 通常なら航空会社のラウンジ・プログラムの会員だけが利用できる米国のラウンジが利用可能
  • 同伴者も利用可能(有料)
  • ドリンクとスナックの無料サービス
  • 電子メール、インターネット、会議スペース

といった基本説明ですが、各ラウンジ設備の有無や独自の利用条件(同伴人数制限や年齢制限等)もあるため、同封のラウンジディレクトリー(冊子)またはWEBでの事前確認が必要ですね。

その他特典

Priority Pass

  • 個人会員紹介特典:オンライン書式で個人会員をご紹介し、プライオリティ・パス会員(レベルを問わず)に申込みした場合には、紹介者・申込者共にGloboforceパートナーの£15、€25、または$25相当のショッピングバウチャーを進呈

会員ランクは別にして、今やプレミアム系はもとより、一部のカードにも付帯し始めている現実から、新規会員を紹介する機会はなさそうです。

プライオリティ・パス自動付帯カード

PP

私の知る限りでプライオリティ・パス自動付帯のクレジットカードは以下のカードです。年会費のみ無料のスタンダード会員付帯まで含めるとかなりの数ですね、探せばまだあるかもしれません。また、ダイナース プレミアムやMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード等は、家族会員に対しても本会員同様にプライオリティ・パスを発行してくれます。

ちなみに、プレステージ会員が自動付帯する年会費最安カードは楽天プレミアムカード10,500円です。プライオリティ・パスへ単独で申込む位なら、楽天プレミアムカードを取得する方が圧倒的に安価ですね。

  1. セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
  2. セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  3. MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
  4. JCB ザ・クラス
  5. JCB ゴールド ザ・プレミア
  6. ANA JCBカード プレミアム
  7. 楽天プレミアムカード
  8. 楽天ブラックカード
  9. 三井住友VISAプラチナカード
  10. ANA VISAプラチナ プレミアムカード
  11. アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
  12. アメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カード
  13. SBIプラチナカード
  14. ダイナースクラブ プレミアムカード(提携含)
  15. シティ セレクト VISAプラチナカード
  16. アメリカン・エキスプレス・カード(年会費のみ無料:スタンダード会員)
  17. アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(年会費のみ無料:スタンダード会員)
  18. シティ リワード ワールド カード(年会費のみ無料:スタンダード会員)

関連記事(旧ブログ)

>>関連記事:Priority Pass (プライオリティ・パス)