機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

201410/10

エムアイ お帳場/お得意様 ゴールドカード ダイレクトメール(MI CARD)

エムアイ お帳場/お得意様ゴールドカード(画像は三越お帳場CARD GOLD)の招待が届きましたので、簡単に纏めたいと思います。

届いた封筒には「GOLD CARD INVITATION」と印刷されていますが、三越お帳場や、伊勢丹お得意様に対してゴールドカードというカテゴリでわざわざ選別個別招待することは無いであろうと考え、基本会員全てに発送する(した)前提で敢えて表題を「DM(ダイレクトメール)」としました。

Ochoba Otokuisama Gold Card 201410 1 Ochoba Otokuisama Gold Card 201410 2 Ochoba Otokuisama Gold Card 201410 3

同封物は「挨拶状案内状(お帳場ゴールド用)・切替申込書ゴールドサービス案内書返信用封筒申込書記入例」となっています。

サムネイル3枚目の画像(挨拶状)を見るに、此度の発行に至った理由は「ゴールドカード機能が付いた、お帳場/お得意様カードの要望」だそうです。

しかし、先日述べたように外商付の顧客ともなれば、既にそれなりの(高額の保険や補償が付帯した)クレジットカードを保有している率は高い」と思いますので、考えられる顧客ターゲットとしては「カードを三越・伊勢丹系1枚に纏めたい」方や「そもそも現在のお帳場/お得意様カードしか保有していない」方などが挙げられます。

三越お帳場CARD GOLD

Ochoba Otokuisama Gold Card 201410 6

コチラは今回同封されていた、主に都心部で発行される「三越お帳場CARD GOLD」の案内状です。

地方発行の場合はカードフェイスが異なりますので、参考資料として同封されたモノとなり、その他の同封物(案内書や切替申込書等)は全会員共通のものと思われます。地方発行用の案内(エムアイお帳場/お得意様ゴールドカード)については当月末(10月末)に発送されるそうで、その際の案内状におけるカード画像は変更されているものが届くようです(というか、そういった口頭案内でした)。

本会員の年会費は「10,000円+税」、家族会員は「2,000円+税」と一般ゴールドカードと同額設定になり、一般()のお帳場/お得意様カード(本会員:初年度無料⇒2年目から2,000円+税/家族会員:無料)と比較すると、それなりに年会費はUpします。が、ゴールド切替キャンペーンで10,000ポイントがプレゼントされるため、実質本会員初年度無料ともいえます。

お帳場カードの記事を書く時にいつも思う事ですが、都心部と地方発行のカードフェイスが悪戯に分かれているため、説明が正直面倒ですw 大人の事情等あるのでしょうが「都心部の形態で全国発行する」若しくは「地方発行のカードフェイスで全国展開する」のドチラかに纏めた方が、利用者側には分かり易くて良いような気がします。発行形態(券面)を分けることに特別な意味が有るのでしょうか?運営側の戦略や目線が良く理解できません。

お帳場/お得意様ゴールドカードの主な特典

Ochoba Otokuisama Gold Card 201410 5

  • ゴールドカード会員専用クーポンサービス
  • 三越伊勢丹系以外の利用でもポイント2倍
  • 国内空港ラウンジ(14ヶ所)、海外空港ラウンジ(2ヶ所)サービス
  • 加盟ホテルの予約サービス他、旅行系サービス
  • 旅行傷害保険(海外1億/国内5,000万)/ショッピング保険サービス
  • アメックス限定特典(アメックス選択者のみ)

ゴールドカードへ変更することによる主な特典は、上記6点となっています。このサービスは通常ゴールドカードのサービスと比較しても何ら変化や追加はありません。案内書の各ページ詳細は下のサムネイルを、またエムアイカードのwebサイトでも掲載されていますので、ソチラをご覧下さい。

Ochoba Otokuisama Gold Card 201410 8 Ochoba Otokuisama Gold Card 201410 9 Ochoba Otokuisama Gold Card 201410 10

Ochoba Otokuisama Gold Card 201410 11 Ochoba Otokuisama Gold Card 201410 12 Ochoba Otokuisama Gold Card 201410 13

お帳場/お得意様ゴールドカード切替申込書

Ochoba Otokuisama Gold Card 201410 14

Ochoba Otokuisama Gold Card 201410 15 切替申込用紙には、現在のカード欄に「MIお帳場」と印字され、お客様番号手書きで記入済みとなっていました。しかし私の保有する現在のカードから考えると「MIお帳場/お得意様」と印字されるのが正しいような気がします。これも参考資料でしょうか?この申込書へ記載して返送するとどうなるのでしょう?それはそれで面白いかもしれませんねw

そして、最後のサムネイルは「切替申込書記入例」です。記入項目は「ブランド選択氏名年収預貯金(任意)」となっています。「記入例申込者像」と考えるならば「お帳場/お得意様ゴールドカード」を取得するにあたり、必要な年収額は800万円程を目安としていることが伺えます。この収入ハードルが高いのか?低いのか?は分かりませんが、そもそも申込書を入手することに(紹介でもない限り)ある程度時間が掛るカードですので、一概に他のカードと比較することはできません。

また、私のカード切替については、今のところ未定です。とりあえず正式な地方版案内が届いてから(妻を中心に)考えたいと思っています。

◆関連記事:エムアイ お帳場/お得意様カード Gold VISA(MI CARD)