機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

ana card

ANA カード 切替案内 と ANAカード プレミアム(AMC)

先般、ANA VISAカードのランクアップ申請がVpassで可能という記事を掲載しました。

また、ANA JCBカードでもMy JCBにて上位カードへの切替申請が可能となっています。しかし、それはあくまで各発行元が会員へアナウンスするレベル(会員ページへログイン後に案内がなされる)であり、あまり前面に出した告知は今までありませんでした。

ところが先週からANAのWEBサイトでも告知が開始された模様です。

ANAマイレージクラブ(ANAカードを切り替える)

ana card

ANAのWEBサイトから直接、JCB(My JCB)と三井住友カード(Vpass)へリンクされ、上位クラスへの切替えも促されています。昨年のANA VISA Platinum Premium、ANA Diners Premium、一昨年のJCB Premiumと、毎年インビテーション云々で騒がれたのが嘘のようですね。

さすがにANA ダナース プレミアムについては建前上、原則招待制と謳っているためWEBでの切替は不可能ですが、プレミアムカード発行各社のForecast(予測)通りに発行枚数へ至っているのか?は甚だ疑問です。逆に順調であればANA側からの上位クラス切替促進的な案内は無いでしょうし。

ANAカード プレミアムの今後

現在、ANAカード プレミアムは3種類のブランドで発行されています。

ANA マイレージクラブのリニューアルにより、2014年4月からはANAカード種類別積算率なる差別化も図られ、ANAカード プレミアムの存在感はここにきてようやく表れてきた形となりました。そんな中、未だ発行(発表)されていないブランドがあります。AMEXです。

このテのカードは後出しほど、インパクトや独自性、優位性が出し易いこともあり、ANA アメリカン・エキスプレス ホルダーも、そうでない会員も皆期待する処でしょう。

プロパーのアメックス・プラチナが130,000円+税という年会費ですから、そのプラチナ・カードのスペックを内包(ベースに)したANAカード プレミアムを商品化すると150,000円を超えていく年会費になることは間違いありません。

アメックスの戦略とANA AMEX プレミアム・カード発行時期

しかしアメックスも国内では未だに提携プラチナ・カードを発行していませんし、先の3種類が全て黒色のカードフェイスの中、プラチナ色(シルバー系)でデザインするのか?プロパーのプラチナ・カードと差別化を図るのか?それなりに課題は山積しているとも考えられます。

と、同時に航空系カードでは1社に縛られないオールラウンド・カードとも呼べる

や、修行不要の上級(ゴールド・メダリオン)会員カード

といったインパクト大の商品群を抱えるなかで、敢えてANAカード プレミアムに参入するメリットがあるのか?その辺りも気になりますね。

そんな最中の予測となりますが、既に発行中のANAカード プレミアム3種類は一定の規則性のもと、約10ヵ月置きに発行(発表)が行われています。これは先発した各ANAカード プレミアムへの影響が少なくなるであろう期間なのでしょう。すると最新カード、ANA VISAプラチナ プレミアムの発表が昨年末ですので、アメックスが出てくるとすれば今年9月又は10月辺りなのではないかと思っています。(予想が外れても責任は取れませんが)

◆追記(2014/10/26):予想から約1年遅れロンチされるようです。