機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

novoteltaipeiairport 201312 1

201312/27

台北ノボテル桃園国際空港ホテル 2013-12 (ACCOR HOTELS)

復路、台北での乗継ぎでは10時間のトランジットが発生するため、一旦台湾へ入国し空港近隣のホテルを利用しました。空港内を車で5分程に位置する「台北ノボテル桃園国際空港ホテル」へ滞在です。

このノボテルホテルブランドはアコーホテルズ傘下となり、アコーホテルズとは世界中90か国以上で3,500軒以上のホテルを展開しているヨーロッパ最大のホテルグループです。

ノボテルメルキュールと同じくアコーホテルズ内でのホテルブランドとしてはミドルクラス(中級)となり、上級ブランドとしてソフィテルプルマンが展開されています。

ちなみに今回はアメックスの旅行デスクを利用し手配しました。確かアメックス・プラチナ会員は、付帯ベネフィットでアコーホテルズにおけるホテルプログラムにて上級会員のステータスが与えられたと記憶しています。

Check-In

novoteltaipeiairport 201312 4

novoteltaipeiairport 201312 5 2Fまで吹き抜けのロビーレセプションで、事前にアメックスから送られてきていた予約確認書を渡すとチェックインは簡単に終了です。大半のゲストがトランジットで利用するため、翌朝のモーニングコール確認だけは慎重にヒアリングされました。エレベータホールも広く清掃も行き届いている印象で、初利用でしたが良い意味で期待を裏切られた感があります。7Fの客室へとアサインされました。

Standard Twin Room

novoteltaipeiairport 201312 8

客室はスタンダードのツインベッドルームです。23時前のチェックインで翌朝6時チェックアウトということもあり、エグゼクティブルームは今回利用しませんでした。ちなみにエグゼクティブルームも客室は同様の広さで、そのサービスの違いは9Fのプレミアラウンジが利用可能という処です。

novoteltaipeiairport 201312 6 novoteltaipeiairport 201312 7 novoteltaipeiairport 201312 9

客室内の冷蔵庫には有料ドリンクと、何故か?タイガーバームも設置(販売)されています。また、無料のミネラルウォーターも2本用意されていました。

novoteltaipeiairport 201312 10 novoteltaipeiairport 201312 11

novoteltaipeiairport 201312 12

200911月オープンのホテルですから、バスルームの設備もまだ新しく、トイレもウォシュレットが完備されています。台北市内のヘタなシティホテルより設備は充実しているといえます。

novoteltaipeiairport 201312 13 novoteltaipeiairport 201312 14

Accommodations

novoteltaipeiairport 201312 3

novoteltaipeiairport 201312 2 吹抜けの2Fにはジムスパキッズコーナー等の施設が運営されています。またプレミアラウンジを含め5つのレストランがあり、食事に困ることもありません。

場所が場所(空港隣接で周りに何も無い)だけに、ホテル内施設の充実度も高いと感じました。