機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

PARK HYATT 0

20136/22

パーク ハイアット東京 パーク デラックスルーム キング 2013-06

今回の出張はアジア・パシフィックの大型ミーティングで、経営者も含めた滞在先がパーク ハイット東京でした。パーク ハイアット東京は久し振りの滞在ですね。私にとって様々な意味で原点的な思い出深いホテルでもあります。

個人的な思い出を語るのもの何ですし、この記事は今回滞在した客室の紹介にします。

フロント・41Fフロア

PARK HYATT 1

フロントは41Fです、このフロアには昨日記事にしたジランドールが併設されています。フロントとはいえ、通常の横長なカウンター越しにチェックインするスタイルでなく、コンシェルジュ・デスク式での受付です。

私はそのまま客室に赴いてのチェックインでした。

客室(パーク デラックス ルーム キング )

PARK HYATT 2

客室は47Fのパーク デラックス ルーム キングです。下記図面がフロアプランとなります。

PARK HYATT

PARK HYATT 3

PARK HYATT 4

フロアプランと全く同じ客室でした。入室して左サイドにウォークインクローゼットバスルームベッドルームと、全ての動線が繋がった使い心地の良い設計となっています。

PARK HYATT 5

いつも思うことなのですが、今でも浴衣が外人ウケするのでしょうかね。

PARK HYATT 6

PARK HYATT 7

PARK HYATT 8

PARK HYATT 9

PARK HYATT 10

PARK HYATT 11

PARK HYATT 12

PARK HYATT 13

黒を基調とした落着く色調ですね、個人的にもこの色使いは好みです。

バス・ルーム

PARK HYATT 14

PARK HYATT 15

PARK HYATT 16

PARK HYATT 17

PARK HYATT 18

浴槽壁面には越前谷嘉高氏によるオリジナルアートが掛けられており、逆サイドへ反転すると上部へモニター(TV)が設置されています。バスタブとの距離から、もう少し大きめのモニターでないと見辛いだけに唯一の残念な点です。

PARK HYATT 19

PARK HYATT 20

PARK HYATT 21

PARK HYATT 22

バス・アメニティはAesop(イソップ)です。

設備とウェルカム・アメニティ

PARK HYATT 24

PARK HYATT 23

ネスプレッソ・マシーンと冷蔵庫です。私的に日常飲んでる炭酸水(WILKINSON)が常備されるのは嬉しいことでした。

PARK HYATT 25

PARK HYATT 26

PARK HYATT 27

ウェルカム・アメニティはナッツワインケーキの3点セットでした。

PARK HYATT 28

景観

PARK HYATT 32

PARK HYATT 33

高層階の客室ですから景観が悪い訳ありません。しかし今週は時期的にも仕方無いことですが天候がイマイチでした。

PARK HYATT 29

PARK HYATT 30

55㎡の客室だと連泊滞在には丁度良く快適ですね、色々な意味で原点回帰できた1週間でした。次回は仕事で訪れるのでなくプライベートで滞在したいと思います。

PARK HYATT 31