機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

20153/1

ハイアット リージェンシー箱根 リゾート&スパ デラックス ツイン 2015-02

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 8

ホテル玄関を入ってスグの右側が普段の定位置。そこに鎮座している看板犬(レジデンシャルドッグの)「HARU」。到着直後でコミュニケーション不足のためか?なかなかカメラ目線を送ってくれないこのシーンは、都内での業務を片付け電車を乗継ぎ到着した「ハイアット リージェンシー箱根 リゾート&スパ」の玄関先での一コマです。

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 1 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 4 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 2

当初「グランフォーレ強羅ホテル」として開業したものの、外資への売却を経て「ハイアット リージェンシー」へとリブランドされました。そして客室はほぼ当時のままの姿を残しつつパブリックスペースを「スーパーポテト」の手によりリニューアルされ現在に至っています。

Check-In

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 5

レセプションは形式に囚われないテーブル式で、カウンター等は設置されていません。テーブル含め、その周りの装飾はスーパーポテト色満載ですね。手続きを行っていると野口支配人が挨拶に来てくださいました。支配人はHARUボス(育ての親)でもあるため、先程まで涼しい顔で冷静だったHARUも、人が(が?)変わったかのように興奮度MAXで取り乱していたのが非常に心象的でしたw

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 7 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 6 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 9

客室東館233号室」へとアサインされました。入室するとカップボード(下駄箱)付の玄関が設(しつら)えてあり、タイムシェア用を想定し設計されたような印象です。

Deluxe Room Twin

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 10

今回の滞在には2つのリクエストを行いました。客室は「デラックスルーム・ツイン」、そして「温泉と同フロア」という内容です。フロアプランは↓画像の通りとなっているため、細部に渡る説明は割愛したいと思います。

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 42

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 18 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 24 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 20

同スペース内をリビングエリアとベッドエリアに分離する「ジュニア・スイート」の構成で、さらにはサンテラスを配置した73㎡の客室です。利用しやすく開放感の高いフロアプランですね。

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 11

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 13 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 12 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 15

ダイヤモンドメンバー用のウェルカム・アメニティは、ゴールドパスポート1,000Pt」を選択。よって通常アメニティのフルーツと、ボトルウォーターが提供されます(現在、ダイヤモンドメンバーアメニティポイントorワインだそうです)。

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 21 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 22 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 23

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 17

ベッドダブルベッド2台を使用したハリウッドツイン、また互いのペースで温泉等が利用できるよう客室の2個用意されています。

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 19 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 37 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 36

Walk-in Closet

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 28 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 29 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 30

バスルームとも接続しているクローゼットのスペースは十分過ぎるほど広く、長期滞在にも問題無く対応可能です。そして用意されているルームウェアは勿論「浴衣」なのですが、ハイアットとしては異例(唯一かも知れません)の「客室外着用可」となっています。

これは温泉宿としての概念を取込んだ独自のサービスということらしく、ハイアットヘッドオフィスから正式な許可を得て実施しているそうです。よってホテル内リビングルーム(カフェ、バー)やダイニングルーム(レストラン)等の至る所で浴衣姿のゲストを見掛けます。ちなみに滞在中のレストランにおけるゲスト浴衣率は50:50という感じで、当の我々は何となく馴染めず客室内と温泉利用時のみの浴衣着用に留まりました。この辺りは個々の判断で良いでしょう。

Bath Room

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 31

バスルームは大きめのパウダースペースが確保され、洗面ダブルシンクです。壁掛けのハンガーは「タオルウォーマー」で温かく、我が家にも設置していますが一度使用すると手放せません。

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 32 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 35 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 34

この大きさで壁面設置型は場所とそれなりのコストが必要も、小型安価ソレイユタオルウォーマー(詳細はググって下さい)は小スペースでも手軽に導入できるため「後付け」で考えている方にはオススメです。風呂上がりの温かいタオルは、普段の生活にちょっとした贅沢を与えてくれます。

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 33

ちなみに、温泉近くの客室でしたので、バス自体は殆ど使用しませんでしたw

Turn Down

HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 39 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 40 HYATT REGENCY HAKONE Deluxe Twin 201502 41

ターンダウンサービスは毎日行われます。客室の簡単な清掃とベッドサイドへのボトルウォーター補給、日中使用したタオルの交換等が主な内容です。

その他パブリックスペース及びカクテルタイム朝食等の様子は別途記事にしたいと思います。