機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

20159/12

アンダーズ東京 ベイビュールーム ツイン 2015-09

仕事とプライベートの兼ね合いから、10ヶ月振りにアンダーズ東京を訪れました。

昨年6月の開業から約1年が経ち、新たなランドマーク「虎ノ門ヒルズ」としてのオフィス稼働率も堅調で、国際的なビジネス拠点として存在感を増しているようですね。勿論、アンダーズ東京客室稼働率も高い水準で推移しているとのことです。

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 1 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 2

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 3

車寄せからEVホールへ、そして一気に51Fのレセプションへと向かいます。アンダーズ各国・都市個性デザイン反映させるため東京の場合は勿論「和モダン」です。

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 7 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 5

相変わらず和紙への型押しで作成されたオブジェが美しく、目出鯛が泳ぐEVに当たった際には何だか嬉しくなりますね。この作品、正式には「日の出に鯛の踊るところ」と呼ぶそうで、現在多方面で活躍中の永田哲也氏が手掛けたもの。昨年の初滞在時には存じておりませんでした、勉強不足です。

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 8 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 10

到着したレセプション開放的で落着いた雰囲気が維持されています。この空間でスーツケースを開け、騒々しく振舞うゲストを見ることはありませんw

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 11

Check-In

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 17

チェックイン作業はゲスト専用のアンダーズラウンジ珈琲を頂きながら行います。翌日にが合流する予定だったことから、レセプショニストディナーの手配を依頼し客室へと向かいました。

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 15 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 18

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 16 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 13

Andaz Tokyo Bay View Room Twin

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 19 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 20

アサインされたのはレセプション階のひとつ下、50Fのベイビュールーム・ツイン50㎡)です。予約はスタンダードのアンダーズルームでしたので、ダイヤモンドメンバーへのアップグレード対応でしょう。

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 40

とはいえ、デラックススイートを除けばルームプランはほぼ同じ、特にエントランスからサニタリーについては全く同様の仕上げとなっています。昨年滞在したタワービューキングも併せて参照下さい。

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 21 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 23

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 22 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 25 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 27

やはり開業から1年ほどの経過で(客室にもよるでしょうが)無垢材のカウンター(洗面台)の(痛み)が見て取れます。見た目は良いのですが時間が経過するにつれメンテナンスは大変でしょうね。

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 28 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 29

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 30 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 31 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 32

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 33 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 34 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 35

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 41

前回もそうでしたが、今回も天候はイマイチw ツインベッドルームの場合は窓際にソファーが設置されてなく、天井から床面までフルサイズの景観が楽しめます。ソファーが無いだけで広く感じました。

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 42 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 44

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 43

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 45 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 46 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 47

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 36 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 37 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 38

お菓子とアルコール以外のドリンク無料で頂けます。ネスプレッソカートリッジ含め翌日には補充されていました。

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 55

客室からの景観です。正面にはコンラッド東京側はお台場方面、側にはスカイツリーといった具合、向きの客室となります。ちなみに隣の客室ベイビュースイートでした。

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 57 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 56

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 58

夜間になり天候が回復するとこの夜景、さすが東京、しかもこの夜景足元となる客室はそう多くありませんね。

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 59 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 48

Andaz Guest Lounge

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 50

コチラアンダーズラウンジでの1コマ、ディナー前に軽く1杯頂きました。

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 51 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 52

Andaz Tokyo Bay View Twin201509 53 Andaz Tokyo Bay View Twin201509 49

フレッシュジュースクロワッサンも頂けます。が、ここはスルーしてタヴァンでのモーニングブッフェを楽しみました。そのタヴァンでの様子は記事で纏めます。