機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

HYATT REGENCY TOKYO 201310 8

201310/6

ハイアット リージェンシー東京 クラブルームキング 2013-10

HYATT REGENCY TOKYO 201310 1

先日の関東滞在は「ハイアット リージェンシー東京」を利用しました。滞在前半は雨模様が続いていましたが、最終日にようやく晴れ間が訪れました。

1F RECEPTION & LOBBY(1F レセプション & ロビー)

HYATT REGENCY TOKYO 201310 4

1Fには広大なスペースの「ロビー」と、見上げればハイアットリージェンシー東京のシンボルともいえる巨大な「シャンデリア」が飾られています。

HYATT REGENCY TOKYO 201310 2 HYATT REGENCY TOKYO 201310 3 HYATT REGENCY TOKYO 201310 5

CLUB ROOM KING(客室:クラブルーム キング)

HYATT REGENCY TOKYO 201310 8

予約は「アドバンスレート」かつ「最安」のスタンダードルーム「ゲストルーム・キング」でしたが、ダイヤモンドメンバー対応(UG)でアサインされたのは8Fの「リージェンシーフロア」でした。

客室は803クラブルーム・キング」です。↓画像が、その「フロアプラン」となっています。

HYATT REGENCY TOKYO 201310 7

客室は「35㎡」、中央にはキングベッド(200×180)が1台設置されています。

HYATT REGENCY TOKYO 201310 10

デザインは「SUPER POTATO」ですね、リージェンシー京都リージェンシー箱根、またパークハイアット釜山等、数々のハイアットブランドを手掛けています。

HYATT REGENCY TOKYO 201310 11

客室の窓からは向かいの「東京都庁」及びその先には「パークハイアット東京(新宿パークタワー)」が見えます。

HYATT REGENCY TOKYO 201310 12 HYATT REGENCY TOKYO 201310 6

このオットマン付の「チェア」、色違いですが釜山滞在での定宿「パークハイアット釜山」にも設置されていますね。

EQUIPMENT & AMENITY(設備 & アメニティ)

HYATT REGENCY TOKYO 201310 13

入口からの通路沿いに設置されているクローゼットの左端が「ミニバー」等のコーナーです。

HYATT REGENCY TOKYO 201310 14

HYATT REGENCY TOKYO 201310 15

BATHROOM & TOILET(浴室:バスルーム & トイレ)

HYATT REGENCY TOKYO 201310 16

サニタリースペースを見てみましょう。シングルシンクの洗面台と、その下の引き出しには各種キットが揃えられています。

HYATT REGENCY TOKYO 201310 17 HYATT REGENCY TOKYO 201310 18 HYATT REGENCY TOKYO 201310 19

洗面の右側にトイレが配置され、左側に「浴室」となっています。電動シェード付きですので、視界を遮ることも可能です。

HYATT REGENCY TOKYO 201310 20 HYATT REGENCY TOKYO 201310 21

バスアメニティは一般客室用が設置されています。

HYATT REGENCY TOKYO 201310 22

TURN DOWN(ターンダウン)

HYATT REGENCY TOKYO 201310 23

ターンダウンはベッドサイドへウォーターボトルが設置される程度です。

HYATT REGENCY TOKYO 201310 24

この造りの「ビューバス」は景観を楽しむというよりも、客室をより広く見せる「視野的な効果」をもたらすのでしょうね。

HYATT REGENCY TOKYO 201310 27 HYATT REGENCY TOKYO 201310 28

REGENCY CLUB LOUNGE(リージェンシークラブラウンジ)

HYATT REGENCY TOKYO 201310 29

滞在した上階が9F「REGENCY CLUB LOUNGE」です。チュエックイン、チェックアウト等の対応は全てラウンジコンシェルジュが対応します。

HYATT REGENCY TOKYO 201310 30 HYATT REGENCY TOKYO 201310 31 HYATT REGENCY TOKYO 201310 32

今滞在では毎夜の会食が続き、チェックイン初日のみ「カクテルタイム」を利用しました。Spumanteは「CANOVA BRUT」です。朝食は毎日美味しく頂きました。

CHECK OUT(チェックアウト)

HYATT REGENCY TOKYO 201310 33

SUPER POTATO」のデザインで新しく生まれ変わった「クラブルーム」は、落着きある空間の演出から35㎡ながらも快適に滞在できました。この客室であれば連泊も然程苦にならないと思います。

HYATT REGENCY TOKYO 201310 34