機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

kayausagi kakuregura 201402 31

20142/16

日田温泉・琴平 旅籠かやうさぎ 隠れ倉 2014-02-2 (Kayausagi Kakuregura)

宿名「かやうさぎ」の通り、施設や客室の随所に「」をモチーフとした装飾が施されています。それは温泉内でも同様で、ふと気付くと静かに「」が佇んでいます。

Hotspring(温泉)

kayausagi kakuregura 201402 49

館内共用の温泉は「ゆらぎ湯(内湯)」と「岩魚(内湯・露天)」の2ヶ所とな ります。露天は岩魚にのみありますが、男女日替わりとなるため宿泊客は翌日には違う温泉が利用可能です。

本館(母屋)客室利用者は、この2つの温泉がメインのお風呂となります。

Yuragi-yu(ゆらぎ湯)

kayausagi kakuregura 201402 50 kayausagi kakuregura 201402 51

kayausagi kakuregura 201402 52

ゆらぎ湯には内湯のみの設定ですが、「高瀬川」を望む解放感の高い造りです。

kayausagi kakuregura 201402 53

kayausagi kakuregura 201402 54 kayausagi kakuregura 201402 55

Iwana(岩魚)

kayausagi kakuregura 201402 57

一方、岩魚の方は内湯と露天を有し「大浴場」といった造りですね。(施設や客室にアンティークの掛け時計が設置されていますが、その殆どは止まっています)

kayausagi kakuregura 201402 56 kayausagi kakuregura 201402 59

kayausagi kakuregura 201402 60

私が利用した際、他客はおらず貸切状態でした。

kayausagi kakuregura 201402 61 kayausagi kakuregura 201402 62

泉質は「炭酸水素塩・塩化物泉」、効能は「切傷、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、冷え性、痔疾、病後回復期、疲労回復、健康増進」と多岐に渡ります。

kayausagi kakuregura 201402 63

Omoya Dining Dinner(母屋 食事処 夕食)

kayausagi kakuregura 201402 65

食事処は母屋フロント横から囲炉裏と雛壇を横目に、各個室へと案内されます。我々は母屋最奥の個室(テーブル席)を利用しました。

kayausagi kakuregura 201402 64 kayausagi kakuregura 201402 68 kayausagi kakuregura 201402 66

kayausagi kakuregura 201402 69

食事はCavaと併せて頂きます。

kayausagi kakuregura 201402 70 kayausagi kakuregura 201402 79 kayausagi kakuregura 201402 72

印象に残ったのは「かぼす醤油」で、各種刺身との相性が良く素材を引き立てていました。

kayausagi kakuregura 201402 71

kayausagi kakuregura 201402 73 kayausagi kakuregura 201402 74 kayausagi kakuregura 201402 76

その他、山女魚一夜干し豊後牛ステーキ・烏骨鶏をベースに改良された冠地鶏の鍋御飯一式、デザート等、食事のボリュームは十分といえます。

kayausagi kakuregura 201402 75

kayausagi kakuregura 201402 77 kayausagi kakuregura 201402 78

Turn Down(ターンダウン)

kayausagi kakuregura 201402 81

食後は館内のアプローチを通り客室へと帰ると、既に2F寝室のターンダウンが完了していました。

kayausagi kakuregura 201402 80 kayausagi kakuregura 201402 82 kayausagi kakuregura 201402 83

kayausagi kakuregura 201402 84

時間はタップリとありますから、就寝まで専用露天風呂とソチオリンピックを交互に満喫です。

kayausagi kakuregura 201402 85 kayausagi kakuregura 201402 86 kayausagi kakuregura 201402 87

Omoya Dining Morning(母屋 食事処 朝食)

kayausagi kakuregura 201402 88

翌日の朝食も前日と同じ個室で、トロトロの豆腐鍋を中心とした朝膳ですね。ご飯の友各種も適量で美味しく頂きました。

kayausagi kakuregura 201402 89 kayausagi kakuregura 201402 90 kayausagi kakuregura 201402 91

kayausagi kakuregura 201402 92 kayausagi kakuregura 201402 93 kayausagi kakuregura 201402 94

スタッフ各自の努力でしょうが、食事処の個室や母屋廊下から見える庭も、さりげなく手入れが行き届いているのが良く分かります。

kayausagi kakuregura 201402 95

Check Out(チェックアウト)

kayausagi kakuregura 201402 100

今回の滞在は総じて快適でした。旅館スタッフとの適度な距離感や用意されたプライベート空間もそうですが、施設の建具(ガラス)や箪笥置物からスイッチプレートひとつひとつの細部に渡るまで、利用者に対する提供者(宿側)の拘りと心遣いが伺えました。

kayausagi kakuregura 201402 96 kayausagi kakuregura 201402 97 kayausagi kakuregura 201402 98

寒い季節の温泉も良いですが、今度は夏場にまたリピートできればと考えています。

kayausagi kakuregura 201402 99