機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

Byeokje Galbi 201403 4

20143/29

Byeokje Galbiと、Hurom JUICE CAFE 2014-03 (碧蹄カルビ & ヒューロム ジュース カフェ)

ソウル滞在中には、様々な飲食を行いましたが、その中から2店舗ご紹介したいと思います。「碧蹄カルビ」と「ヒューロム ジュース カフェ」です。

Byeokje Galbi(碧蹄カルビ タワーパレス店)

Byeokje Galbi 201403 2

碧蹄カルビはソウル市内に数店展開しています。今回訪れたのはパークハイアット ソウルから車で10分程に位置する、江南区道谷洞はタワーパレス内の店舗です。我々が到着した時間も早かったため、利用客は数組しかいませんでした。

Byeokje Galbi 201403 1 Byeokje Galbi 201403 4

周辺エリアもそうですが、店内も落着いた雰囲気で大型のセラーが完備され、シャンパン等も常備されていますので「焼肉店」とはいえ、それなりの(レベルと価格の)店です。

Byeokje Galbi 201403 3

今回はコースでなく、アラカルトで頂きます。付け合せ(副菜)は各皿少量ですが、食事が終了するまで追加されるため無くなることがありません。まずは「牛タン」からスタートしました。

Byeokje Galbi 201403 5 Byeokje Galbi 201403 6 Byeokje Galbi 201403 7

この手の店ではスタッフが焼き、皿へとサーブしてくれますので、コチラは食べることに専念します。肉厚で美味しく頂きましたが、2人前では物足りなかったこともあり、結局1人前追加することに。

Byeokje Galbi 201403 9 Byeokje Galbi 201403 8 Byeokje Galbi 201403 10

次にサシがきれいに入っていることから名付けられた国産の「雪花韓牛」から「カルビ」と「ロース」を(2人前)選択しました。肉質が非常に高いので味付きでないモノをお勧めします。

Byeokje Galbi 201403 11 Byeokje Galbi 201403 12 Byeokje Galbi 201403 13

食事はスープ冷麺で〆、食後のデザートはサービスされます。

スタッフ2名が交互に対応し、気遣いや所作も申し分ありませんでした。ちなみに、決済にはJCBも利用可能です。

Hurom JUICE CAFE(ヒューロム ジュース カフェ)

Hurom JUICE CAFE 201403 2

コチラは日中の移動途中に訪れた、ジューサーメーカーが運営する「ヒューロム ジュース カフェ」です。ヘルシー志向のカフェレストランで「酵素フレッシュジュース」が頂けます。

Hurom JUICE CAFE 201403 1 Hurom JUICE CAFE 201403 3

店内は明るく開放的で、2F席も用意されています。しかしソウル市内はカフェが増えましたね、今回の滞在ではカフェばかりが印象に残りました。

Hurom JUICE CAFE 201403 4

店内では食事を摂ることも可能で、2Fには「砂糖・バター・卵」を使わないベーカリーも運営されています。

Hurom JUICE CAFE 201403 5 Hurom JUICE CAFE 201403 6

シロップや着色料はもちろん、水や氷も加えずに作るため文字通り「果汁100%」で濃厚なジュースを頂けます。最近では健康を気遣う男性の「リピーター」が多いそうな。

Hurom JUICE CAFE 201403 7

私は左の「ビートアップル」、妻は「ピンクグレープフルーツ」をオーダーしました。

(上手く表現できませんが)味わいが濃厚なため、飲むというより食べるに近い感覚ですね。