機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

ジャッキーステーキハウス

20135/22

ジャッキーステーキハウスとステーツサイズ (Jack’s Steak House & STATE SIDE)

昨日とは一転し、本日の那覇は梅雨らしく終日雨(時に豪雨)でした。

ダブルツリーbyヒルトン那覇へ滞在した際には、ホテルから徒歩数分内に『昔ながら』のステーキハウスが2店舗ありよく利用しています。昨日はランチにジャッキーステーキハウスへ伺いました。

ジャッキーステーキハウス(Jack’s Steak House )

ジャッキーステーキハウス

ジャッキーステーキハウスのロケーションは、ダブルツリーbyヒルトン那覇を正面に見ると、その裏手に位置します。特に夕方から夜にかけては、結構な時間の『待ち』が発生するため、店舗入口横には店内状況を知らせるランプ(信号)が点灯し、その状況を常時知らせてくれます。

ジャッキーステーキハウス

なかなか面白い信号ですね、車で来店した方には遠目からでも一目で分かるアナウンスです。

ジャッキーステーキハウス

ここの『ドリーム NO.1ソース』は店舗オリジナル仕様ですが、残念ながら私はNO.1ソースが苦手なため、他のNO.1ソースとの比較ができません。聞けば通常のNO.1ソースより使用する野菜や果実の量が多く超濃厚だとか。私は醤油ブラックペッパーのシンプルな味付けで食します。

ジャッキーステーキハウス

今回はデンダーロインステーキ(Mサイズ)をオーダー。スープは小麦粉系の風味で、味は無いといった方がよいかもしれません。おそらく当時の味そのままなのだと思われます。

ジャッキーステーキハウス

ジャッキーステーキハウス

ステーキには基本的に『味付け』がなされていませんので、調味料を駆使し各自の好みに合わせた味付けを行います。兎に角肉を食す処であり、和牛のような上質な味わいを求めるのであれば、他の店へいきましょう。

ジャッキーステーキハウス

これはレジ上に掲げてあるAサインで、アメリカ占領下時、米国のレストラン基準を満たした店だけに与えられた認定書です。

また、ジャッキーステーキハウスの他にもう1店、ステーツサイズも紹介します。この店舗はダブルツリーbyヒルトン那覇から最も近い(徒歩1分程度)ステーキハウスです。

ステーツサイズ(STATE SIDE)

ステーツサイズ

ダブルツリーから近いこともあり、個人的にはこちらの店舗利用率が高いですね。

ステーツサイズ

ジャッキーステーキハウスと比較すると、店内は落着いた雰囲気でゆっくり食せます。

ステーツサイズ

こちらは『A-1ソース』が用意されています。が、私は醤油&ブラックペッパーでの味付けです。

ステーツサイズ

スープは、若干ステーツサイズの方が濃厚かもしれません(それでも淡白)。

ステーツサイズ

ステーツサイズ

オーダーしたのはJOTO(ジョウトウ)ステーキ(Mサイズ)。ボリュームタップリで完食できないこともあります。霜降りでない赤身ですから、食後のもたれる感は全くありません。

Aサイン

ステーツサイズ

ステーツサイズにも『Aサイン』が掲げられています。ジャッキーステーキハウス、ステーツサイズ共にこのサインを今でも誇りにし、そのが息衝いています。価格もボリュームも申し分ない『沖縄的グルメ』といえますね。