機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

201411/20

懐石 瓢樹と、鷲峰山 高台寺 2014-11(Kaiseki Hyoki & KODAIJI)

五味」とは、甘味・酸味・塩味・苦味・旨味(五行説では、甘味・酸味・塩味・辛味・苦味)を指し、「五味調和天下治」とは、五味が「季節・器・心」と調和した時、それは天下をも治める力を持つとの意だそうです。

此度の京都滞在時におけるディナーのひとつは南禅寺の料亭「瓢亭」の分家ともいえる「懐石 瓢樹」へと伺いました。手配はJCBザ・クラスのコンシェルジュです。

懐石 瓢樹

Kaiseki Hyoki 201411 2

ロケーションは新町六角通りを西へ入った右側で、日本画家「今尾景年」の邸宅をそのまま利用した店舗です。聞けば大正31914)年に建築されたそうで、品格漂う近代和風に仕上げられています。

Kaiseki Hyoki 201411 3 Kaiseki Hyoki 201411 4 Kaiseki Hyoki 201411 5

Kaiseki Hyoki 201411 8 Kaiseki Hyoki 201411 7 Kaiseki Hyoki 201411 12

Kaiseki Hyoki 201411 11

私が確認した中で、庭園は(坪庭も合わせ)3つあり、全ての部屋の窓から必ず庭(緑)が見えるよう設計されているようです。

Kaiseki Hyoki 201411 13 Kaiseki Hyoki 201411 9 Kaiseki Hyoki 201411 10

また、手入れの努力もあると思いますが、各部材は当時のまま(若しくはそれ以上に)美しく、かなりの良材を使用していることが伺えます。後で調べたところ、皇室御用林より切り出した木材が使用されていました。よって当然のことながら良材ですね。

懐石料理

Kaiseki Hyoki 201411 16

ということで、早速料理を頂きます。コースは懐石料理(13,068円/人)を選択、御品書きが無いため料理の詳細は割愛しますw

Kaiseki Hyoki 201411 14 Kaiseki Hyoki 201411 15 Kaiseki Hyoki 201411 17

Kaiseki Hyoki 201411 18 Kaiseki Hyoki 201411 19 Kaiseki Hyoki 201411 21

Kaiseki Hyoki 201411 20

Kaiseki Hyoki 201411 24 Kaiseki Hyoki 201411 23 Kaiseki Hyoki 201411 22

Kaiseki Hyoki 201411 25

Kaiseki Hyoki 201411 26 全体的にシンプルかつ上品な味付けと、料理が映える器が使用されており美味しく頂きました。唯一、前日のディナーが「八坂 圓」だったこともあり、天ぷらだけが少し重く感じました。

ひとつ残念だったことは、仲居さん次第で料理・素材等の説明が無かったことです。今回2名の仲居さんが対応くださったのですが、1名の方はサーブ時の説明が無く、逆に此方が問い合わせても「厨房に聞いてきます」といった具合で、その内面倒になり此方から聞くことも無くなりました。これでは「品格漂う歴史ある家屋」と「美味しい料理」、そして「五味調和天下治の書」が泣くというものですね、勿体無いw

鷲峰山 高台寺

Kodaiji 201411 2

食後は、コチラも昨年一昨年同様「高台寺」の夜間拝観へと赴きました。タイミングもあるでしょうが、年を追うごとに夜間拝観客が増加傾向にあるようです。今回拝観チケットを買うだけで30分以上並びました、こういった時のアメックスは強みがあり、メンバーシップリワードで交換したチケットだと並ばずとも(別レーンから)入ることが可能です。

Kodaiji 201411 4 Kodaiji 201411 3

Kodaiji 201411 5

ライトアップされた木々と、それを映し出す鏡と化した「臥龍池」は今年も美しく、また来年も拝観に訪れたいと感じた高台寺でした。

Kodaiji 201411 6 Kodaiji 201411 7