機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

20154/30

湯布院 湯富里の宿 一壺天 蘇芳 2015-04-②

ikkoten Suou 201504 66

一壺天」滞在記事の後編は、その他施設食事です。

前編と同じく↑館内MAPに記(しる)したナンバーに沿って(画像中心でw)掲載します。僅か8室の宿ながらも、各施設の充実度は非常に高いと感じました。

①:貸切家族風呂湯

ikkoten Suou 201504 67 ikkoten Suou 201504 68 ikkoten Suou 201504 69

貸切家族湯2タイプ、我々が滞在した「蘇芳」と、(次回滞在したいと考えている)「伽羅」に挟まれているため、その両部屋からは抜群のアクセスです。

ikkoten Suou 201504 70

(家族湯棟)左側の扉を入ると、内湯露天共に円形が特徴の石風呂になっています。

ikkoten Suou 201504 71 ikkoten Suou 201504 72 ikkoten Suou 201504 73

ikkoten Suou 201504 76

(家族湯棟)右側の扉を入れば露天風呂です(内湯なし)。

此方の貸切湯も我々が滞在した蘇芳の露天同様に由布岳の眺望が美しく、また湯面が鏡変わりとなり「逆さ由布岳」を楽しめます。ちなみに↑画像右側の壁と屋根は、その蘇芳の浴室です。

ikkoten Suou 201504 74 ikkoten Suou 201504 75 ikkoten Suou 201504 77

翌朝入浴した際の檜風呂は、サブブログの方へ掲載しています。

②別館:談話室

ikkoten Suou 201504 82

館内の中で最も高台に位置する談話室は、シーサーを見ても分かる通り沖縄テイストが盛り込まれた建物です。全館満室でも精々10名前後のゲスト向けとは思えない広さなうえ、入口にはレセプションカウンター、さらに個室(会議室?)も2部屋設置されています。

ikkoten Suou 201504 78 ikkoten Suou 201504 79 ikkoten Suou 201504 80

スタッフ曰く「結婚式場やパーティー会場としても利用されています」とのこと。なるほど、そういった利用法もあるのですね。客室も含め全てを貸切り、少人数での(若しくはパーティー)と滞在を楽しむのもアリかも知れません。

ikkoten Suou 201504 81

ikkoten Suou 201504 85 ikkoten Suou 201504 86 ikkoten Suou 201504 88

書籍DVD等は自由に閲覧(客室への持帰り)が可能、またセルフ珈琲お茶も楽しめます。

ikkoten Suou 201504 84

ikkoten Suou 201504 87 ikkoten Suou 201504 83 ikkoten Suou 201504 89

③本館:夕食

ikkoten Suou 201504 91

食事は基本「本館:食事処」の個室で頂きます。お酒もかなりの銘柄が揃っており、スパークリングではシャンドンシャンパーニュヴーヴモエクリュグ等の赤白と人気処は用意されています。

ikkoten Suou 201504 92

ikkoten Suou 201504 93

特に、この「地鶏団子鍋」は美味でした。

ikkoten Suou 201504 94

ikkoten Suou 201504 95

豊後牛が旨いのは言うまでもありませんw

ikkoten Suou 201504 96

メニューは全て掲載(新玉葱のサラダはサービスで頂きました)しています。我々には適量でしたが、足りない場合は単品のメニューからオーダーすることも可能です。

④Bar:幻住庵

ikkoten Suou 201504 104

食後本館入口付近に佇む「Bar幻住庵」でお酒を楽しみます。バーテンダー食事処も兼任してるスタッフのため、Barのオープンは20:30頃から22:00までと短めに設定されています。

ikkoten Suou 201504 103 ikkoten Suou 201504 105 ikkoten Suou 201504 106

バーテンダースタッフは、チェックインから夕食(のサーブ等)まで(全てにおいて)我々に対応してくれた方(男性)、その接客ホテルマン的で個人的に(良い意味で)気になっていました。

ikkoten Suou 201504 107

ということで、感じたままを話してみると、やはりホテル出身ですw しかもかなりの経歴でパークハイアット東京ペニンシュラ東京一壺天(←いまココ)とのこと。パークではニューヨークバーペニンシュラでは立上げを行ったそうな。以前はゲストとしてココ(一壺天)を訪れていたようです。

ikkoten Suou 201504 98 (2)

会話が弾めばお酒も進み、結局ラストまでBarに滞在w その間、他のゲスト1組も現れることなく貸切りでした。その後は本館中庭を通って客室へ戻り、温泉を楽しみ就寝です。

ikkoten Suou 201504 101 ikkoten Suou 201504 102 ikkoten Suou 201504 99

③本館:朝食

ikkoten Suou 201504 108 ikkoten Suou 201504 109 ikkoten Suou 201504 110

昨晩のBarにて「この時期は由布岳山頂からの日の出が見れますよ(日の出は7時ちょうど)」とのアドバイスから早起きすると、由布岳雲傘が掛かっていました、これは珍しい。早速、珈琲を淹れ、カップカメラを手に浴槽日の出を楽しむべく待機します。

ikkoten Suou 201504 111

すると、予定時刻通りのご来光です。珈琲を頂きながら朝日を楽しみました。

ikkoten Suou 201504 112 ikkoten Suou 201504 113 ikkoten Suou 201504 114

朝食会場も本館食事処で頂きます。昨夜とは異なる個室掘り炬燵(こたつ)の部屋へアサインされました。見るからに野菜が新鮮そうです。

ikkoten Suou 201504 116

ikkoten Suou 201504 117

野菜し、TKG(卵かけご飯)で頂きます。どちらも美味でした。普段、自宅でも出張先のホテルでも、あまり朝食を多めに摂ることはないものの、旅館では異なります。ご飯が進みますね。

ikkoten Suou 201504 115 ikkoten Suou 201504 118 ikkoten Suou 201504 120

Check-Out

ikkoten Suou 201504 121

通常(温泉宿で)10時が一般的なチェックアウトですが、一壺天11時ということで食後も十分に温泉が楽しめます。チェックアウト時には自宅用に柚子胡椒(赤・緑)と、タバスコならぬかぼすこw を購入しました。勿論、宿の食事でも提供されます(かなり辛いです)。

ikkoten Suou 201504 122

湯布院の繁華街から少し距離がある分、余計な雑音が全くないため静寂に包まれ、如何に普段生活環境騒音の中にあるかを改めて感じました。お蔭で心身ともにリフレッシュした滞在となり、また機会を見付けてココに戻ってきたいと思います。

ikkoten Suou 201504 123