機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

201510/5

洲本温泉 渚の荘 花季 2105-09-①(Hanagoyomi)

以前から「そのうち一度は訪れたい」と思っていた淡路島関西への出張SW(シルバーウィーク)の休暇とが重なり、その願いがようやく実現しました。さらに、このには以前からご挨拶したかった方もいらっしゃることから、かねてより伺いたかったでもあります。

また、温泉地としても一度は訪れたい処でしたので淡路市でなく洲本市は「渚の荘 花季」という宿を選択しました。ちなみに、伊丹空港からの往復移動手段や宿手配は全てアメックスコンシェルジェへ丸投げですw

Hanagoyomi 201509 3 Hanagoyomi 201509 5

渚の荘 花季」は「ホテルニューアワジグループ」のひとつで、到着した一帯全てのはのこグループの宿といった大型施設洲本市以外でも神戸ベイシェラトンなどが傘下ホテルとなり、その規模の大きさが伺えますね。

Hanagoyomi 201509 6 Hanagoyomi 201509 8

エントランスを抜けると、この宿最大の特徴ともいえる淡路島の東海岸をパノラマに一望する海にひらいたオープンテラスが迎えてくれます、この景色圧巻。そしてリピーターが多いのか?テラスの利用者は皆無で2人が殆ど独占していました。

Hanagoyomi 201509 10 Hanagoyomi 201509 11

Check-In

Hanagoyomi 201509 12 Hanagoyomi 201509 13

テラス横がレセプション、早速チェックインを行います。レセプション周りには好みのデザインを選択できる浴衣コーナーとフリードリンクやPCなどが利用できるゲストラウンジ、そして圧巻の景観を望みながらの喫煙室といった各種施設が並んでいます。

Hanagoyomi 201509 14 Hanagoyomi 201509 15

Hanagoyomi 201509 16 Hanagoyomi 201509 18

HARUKA Type.A(Living,Bedroom)

Hanagoyomi 201509 19 Hanagoyomi 201509 20 Hanagoyomi 201509 21

アサイン先は5F「波瑠香」と呼ばれるフロアのコーナーに位置するタイプA沈丁花501)」という客室。この宿(花季)におけるフラッグシップの客室だそうです。フロアプランは↓を参照下さい。

Hanagoyomi Haruka TypeA

見ての通り「和室8帖+ツインルーム+オープンテラスリビング+露天風呂」というプランです。多くは語りませんw で、撮影した画像とこのプランを照らし合わせてみて頂ければ幸いです。

Hanagoyomi 201509 22

Hanagoyomi 201509 23 Hanagoyomi 201509 24

Hanagoyomi 201509 25

Hanagoyomi 201509 27 Hanagoyomi 201509 28 Hanagoyomi 201509 29

無料のウォーターボトル1㍑)は毎日新しいものが追加されます。また、4,000円の「お土産購入券」も頂いたので、友人らへのお土産購入時に使用させて貰いました。

Hanagoyomi 201509 26

HARUKA Type.A(Open Terrace)

Hanagoyomi 201509 30

客室最大の魅力1F同様のオープンテラス。眼前にはしかないため、無駄は何もなくただ波の音だけがリピートされます。この空間に癒されない人はいないでしょう。

Hanagoyomi 201509 31 Hanagoyomi 201509 34

Hanagoyomi 201509 32

HARUKA Type.A(Sanitary)

Hanagoyomi 201509 36 Hanagoyomi 201509 37

次に水回りを見てみましょう。トイレは扉も大型のものを使用し、バリアフリー化がなされています。トイレだけに限らず客室全ての出入口は(客室玄関を除き)全て段差がない設計ですので年配ゲストにも優しい造りといえますね。洗面所から洗い場、そして露天風呂段差なく続きます。

Hanagoyomi 201509 38 Hanagoyomi 201509 39

Hanagoyomi 201509 40

へと張り出した客室付の露天風呂は、先のオープンテラス同様この客室の魅力のひとつです。普段、山間の由布院嬉野黒川温泉を中心に滞在しているにとっては、を望む露天風呂は新鮮九州の温泉地で例えるなら(泉質は異なりますが)別府指宿といった処でしょうか。

Hanagoyomi 201509 42 Hanagoyomi 201509 47

Hanagoyomi 201509 41

Hanagoyomi 201509 45 Hanagoyomi 201509 46

泉質単純弱ラドン泉24時間掛け流しで楽しめます。インフィニティ的な湯船から真下を望む↑とかなりの高さなのが分かりますね。

Hanagoyomi 201509 49

露天風呂オープンテラスを行き来し寛いでいると、へ出ていた帰港し始め、あっという間の夕刻です。ちなみに↑この画像内に写るほぼ全ての建築物ニューアワジグループ宿となっています。

食事等含む残りのレポートは次の記事で全て纏めたいと思います。