御宿 ゆふいん亭 2018-01(前編)

いまさらですが、明けましておめでとうございますw 本年も機上の空論を宜しくお願いいたします。

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、昨年末ココ(機上の空論)のデザインを変更するのと同時に常時SLL化移行しました。現在旧URL(http)と新URL(https)とが混在していますが、近く全てのページが新URL表示へ移行する予定です。

そういった要因から、ココ更新がほぼ止まっていましたが、今後はその更新頻度過去記事のメンテナンスも含めげて行きたいと考えています。ということで、2018年最初の更新は由布院への1泊旅行。しかもがゲットした1泊2食付き無料宿泊券を利用しての滞在です。

この冬一番の寒気が流れ込んだ日本列島。その週末に大分県由布院へとを運びました。も少ない青空雪化粧由布岳が美しいですね。ちなみに画像右側の(鶴見岳)の上空に浮かんでいる白い物体は雲でなく

御宿 ゆふいん亭

このたび利用した宿は、ゆふいん亭大分・別府・湯布院で多くの温泉宿を運営しているニューグロリアグループ宿です。ロケーション陸上自衛隊 湯布院駐屯地の道向かい。よって目の前は駐屯地です。

とはいっても、この駐屯地自体が由布院の街中に接していることから由布院駅繁華街徒歩圏内のため、宿ロケーションとしては申し分ないといえます。

敷地をくぐり、小川の流れるアプローチを進めば母屋へ到着。母屋帳場および食事処として機能していました。

帳場では名前だけを告げるとそのまま離れの客室アサインされます。このゆふいん亭は全16室のすべてが離れとなっているものの、そのリーズナブルな価格から非常に人気が高いそうな(談)。

離れ客室

アサインされたは最も母屋に近い壱参(13番)という客室。此度は無料宿泊ということもあって客室の指定などができませんでしたが、ほぼ全ての客室が(和洋室などもあるものの)同じような間取りだと思われます。

玄関を入ると前室和室間取りでした。設備的には両室ともに床暖房で温かく、ネスプレッソ空気清浄機タオルウォーマーなど、なかなか充実しています。

ウェルカムアメニティともいえるお茶苺のババロアをいただきながら仲居さんの説明を聞きつつ、チェックイン終了

備えのテレビDVDプレイヤーをはじめ、建具などもこうやって見るとまだ客室自体がまだ新しいですね。撮影し始めたと同時に、大露天風呂へと出掛けていきましたw(ちなみに今回の撮影は全てiPhone8です)

水回りと内風呂

客室水回りをみてみると、至ってシンプル洗面台トイレ内風呂という構成です。

内風呂加減も絶妙で、備えのテレビも相まって長湯することとなります。客室によっては内風呂露天風呂になっているのもあるそう。

そして何より良いと感じたのが、この浴室内の床材です。モチーフとした少しらかい床材となっていてかい。初見ではかと勘違いしたほど。

通常よくみる、タイルなどで造られたは(特にこの時期)たくてたまりませんが、このだとそのまま座れそうなほど心地良い感触でした。

そして一通り客室の撮影え、大露天風呂へと向かいます。この天候ですからね、日中露天風呂は気持ちの良いことでしょう。その大露天風呂夕食などの様子は次回更新後編でお伝えしたいと思います。