機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

20162/25

天ヶ瀬温泉 旅館 山荘天水 2016-01-①

2016年最初の温泉は、大分天ヶ瀬温泉でした。位置的にいえば大分県でも福岡県寄りで、前回記事にした佐賀県嬉野温泉と同じくらいの距離感ということから、アクセスし易いロケーションといえます。

というより何より、ここ最近コチラメインブログ)の更新が滞っているのも、撮影する画像数の多さに(主に家族用を)纏めきれずにいることが影響しているw ため、今回は記事を分割したいと思います。

Sansou Tensui 201601 1

この山荘天水敷地入口からこの石造り表門(の、隣が駐車場)に辿り着くまで、おそらく500㍍以上はアプローチが続きます。勿論、ですから大した距離ではないものの、その敷地広さに初見では驚かされるでしょう。

Sansou Tensui 201601 2 Sansou Tensui 201601 3

表門から宿に辿り着くまでさらに50㍍ほどのアプローチが続きます。

Sansou Tensui 201601 5 Sansou Tensui 201601 4

アプローチの脇には至る処に石造りのオブジェが。が良い味を出していますね。この雰囲気、以前も感じたことがあります。実は一昨年滞在した「旅籠かやうさぎ」と、ココ(山荘天水)は姉妹館なのです。

Sansou Tensui 201601 6

ということで、ようやく玄関に辿り着きました。

Check-In(フロント)

Sansou Tensui 201601 8

玄関に入ると目の前に巨大な石が鎮座しています。我々の身長より遥かに大きい、見上げるほどの大きさはゆうに2㍍以上。しかし、その大きさは地上に出ている先端らしく、よく観察すると宿壁面貫通しさらに2階へと届いています。↓サムネイル2枚目でよく分かると思いますが、この巨大な石(というより?)を活かして母屋は建てられています。

Sansou Tensui 201601 9 Sansou Tensui 201601 10

Sansou Tensui 201601 12

ちなみにフロントデスク石造りw おそらくこの地は巨石が至る所に眠っているのでしょうね。

そしてフロントデスクスタッフと今回の滞在について相談します。というのも、もともと23日で予約を行っていたのですが、翌々日大雪予報が出ていたため、急遽12日に変更して欲しいと依頼したところ快く対応して下さいました(感謝)。

客室

Sansou Tensui 201601 13 Sansou Tensui 201601 14

アサインされた客室母屋内でフロントから進んだ突き当り。

Sansou Tensui 201601 15

客室は「囲炉裏の間+和室+広縁+専用露天風呂」という構成で申し分ない広さ。山荘天水では最も大きな客室のひとつだそうです。

Sansou Tensui 201601 16 Sansou Tensui 201601 17

仲居さんから室内説明を一通り受けたのち、お茶お菓子のサービスで一息つきました。囲炉裏周りはやはり温かいですね。

Sansou Tensui 201601 19

コチラ床の間が設(しつら)えられた8帖の和室寝室としても使用します。

Sansou Tensui 201601 18 Sansou Tensui 201601 20

Sansou Tensui 201601 21

広縁と専用の。綺麗なが敷詰められており、手入れが行き届いているのが伺えます。

専用露天風呂+サニタリースペース

Sansou Tensui 201601 22

この大人4-5人が一度に入れそうな石造りの温泉客室専用露天風呂室内洗い場は無く、露天風呂にそのスペースが設けてあります。また、山荘天水貸切家族風呂共用大浴場などが充実しているため、なんとも贅沢な客室ですね。

Sansou Tensui 201601 23

勿論、翌日チェックアウトまで何度入浴しました。

Sansou Tensui 201601 24

Sansou Tensui 201601 25 Sansou Tensui 201601 26

客室入口洗面トイレについては至って普通の造りでした。

Sansou Tensui 201601 27

そういえばチェックインの際、館内で利用可能な3,000円のクーポン券を頂きました。コレは後ほどラウンジで使用したいと思います。

ということで、次の記事では家族風呂食事ラウンジなどをご紹介したいと思います。