機上の空論

ANA SFC・JAL JGCとJCB THE CLASS(JCB ザ・クラス)での日常生活を綴ります

20145/2

パーク ハイアット釜山 オーシャンビュー キング 2014-05

今回の滞在でパークハイアット釜山へは6回目の利用となりました。昨年は4滞在、前回は2月に(記事に起こしていませんが)滞在したため、今年に入って2回目の滞在となります。

流石にこれだけ滞在していると、スタッフの顔ぶれからフロントやレストラン等、部門間の移動もそれなりに分かるようになってきました。

Check-In

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 2

最近では到着時のポーターや、チェックイン時客室までの案内もお断りしています(到着時は豪雨でしたので、外観等の撮影は基本的に翌日以降のものです)。

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 3 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 4 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 5

また、チェックイン作業についてもパスポートとクレジットカードを提示するのみで不要な説明は省いてくれますし、アサインされるフロアも25F若しくは26Fで固定されています。

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 6 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 7 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 9

さらに今回は韓国内で起こった昨今の事情から利用客も少ないようで、アップグレード先の客室(スイート除く一般客室が対象)を選択させてくれました(ブッキングは最安のマイエリートレート)。

Ocean View King

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 10 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 11 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 16

客室は26Fオーシャンビュー キング 」です。

後述しますが今年に入りパークハイアット釜山の客室カテゴリが細分化されました。よってこの客室はパークスイートツインの次に位置するカテゴリとなります。

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 12

広安大橋が一望できるオーシャンビューの客室で41㎡となっています。

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 13 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 15 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 17

カーペットの色は客室のグレードで別けられています。ブルーは一般客室用で、スイートのカーペットは朱色です。

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 14

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 18 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 19 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 20

Equipment & Amenity

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 24 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 25 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 26

設備関係は客室のグレードに関わらず基本的には全て同じ仕様ですね。

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 27 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 28 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 23

ダイヤモンドメンバー用アメニティは1,000ポイントを選択したため、ウェルカムフルーツは至ってシンプルです。また、今滞在から日本語による客室設備の利用書が設置されていました。

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 22

Bathroom

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 31

今回、客室のアップグレードに対しホテル側が気を遣ったのか?選択させてくれたひとつの理由が洗面のシンク数にありました。妻を帯同していたこともあり「オーシャンビューだと眺めは良いがシングルシンクになる」といった説明を受けました。

さらには「デラックスルームより客室が狭くなる」と付け加えられます。常連客だからか?若しくはホスピタリティから来るものなのか?こんな説明は日本国内のホテル以外で受けたことはまずありません。広いに越したことはないものの、折角なのでオーシャンビューへアップグレードして頂きました。

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 30 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 32 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 33

確かに「パークデラックスキング」を選択した方がシンクもダブルで客室・バスルームも広いですね。

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 34 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 35 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 29

Room Category

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 37

今年から客室のカテゴリが細分化されましたので、今回滞在した「26Fフロアプラン」で説明します。客室ランクは以下の8カテゴリとなりました。

以前のエグゼクティブスイートは末尾01052部屋が設定されていましたが、末尾05は今年からエグゼクティブマリーナという名称に変更され、価格も上がりました。やはり個人的にも(スイートとしては若干狭いですが)オーシャンとマリーナの両ビューを持つエグゼクティブマリーナがオススメです。

勿論、プレジデンシャルディプロマットの方が快適で良いに決まってますが、それは個々の予算次第です。パークルームに関してはダイヤモンドメンバーである以上、自動的にアップグレードされるため(ダイヤモンドメンバー期間中は)利用する機会がないでしょうね。

因みにホテルで食したディナーはサブブログの方へUpしています。

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 36 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 21 Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 39

Park Hyatt Busan Ocean View King 201405 38